タロット鑑定について


Q. タロットカードはなぜできたのか?


A. タロットカードはキリスト教の聖典であるholyBible聖書の教えを絵に描いて、
文盲の人たちに布教するために創られました。


聖書の最後の書簡にヨハネの黙示録があります。
タロットカードは全部で78枚、トランプの原形です。
タロットの歴史は未だにはっきりしていませんがVISCONTI TAROCHI(1440年頃)
という手書きのカードが古いものとしては発見されています。

1450年頃にマルセイユタロットが印刷技術の発展により制作され、
1550年 22枚の大アルカナとつながります。
1700年 エジプトで広がりジプシーが占いに使いはじめ世界中に伝わりました。
1910年 ファイダーウエイト版タロットという現在最もメジャーに使われているカードがパメラさんによって作られました。

タロットカードは、聖言葉を伝えるために聖霊が働き、次第にパワーを持つようになりました。




Q. タロットってトランプですか?


A. 遊び用に小アルカナだけを原形にしたものがトランプです。


逆に簡単なことならトランプでも占いはできます。




Q. 占星術の一種ですか?


A. 占星術とは異なります。


後にライダーウエイト版では占星術も応用していますが、本来はカードと星占いは別です。
ミンディは夜空を観察して発見したのですが、お天気によって運命は変わります。
雨が降ったら星は見えなくなるし、場所によっても見え方が違います。
だから生まれた日にちだけで人生を決めてしまうのは危険で、
12ヶ月に分けただけの大雑把な占いでチャンスを見失ってほしくないです。
いくらいい星回りでもパートナーや周りの環境でダメにしてしまっているケースは少なくありません。
チャンスは掴むものでもありますが、逃してしまうことだってあるんですよ。




Q. どんなことにタロットは向いていますか?


A. 迷ったときです。


たとえば、買い物で買うべきかどうか迷ったときなど日常の些細なことでも
カードを使うことでまず迷っている時間をセーブできますし、
結果、お金の無駄使いも防げます。恋人選びも、
同時にデートに申し込まれたときやパーティが重なったとき出欠の有無など。




Q. 占い方法はどんなものですか?


A. セルティッククロスとオリジナルの方法です。


セルティッククロスとは、一般に使われているカードの説明書によく解説されている方法で、
まず生まれたときの磁場エネルギーと誕生日など個人データをカードに入れ、
運命的な過去、現在、未来、クライアントの障害や周囲の状況を鑑定します。
ここまでが占いの普通のやり方ですが、良くない結果が出た場合は障害を乗り越えるために
ミンディのオリジナル方法で守護神の力をかりて解決方法や運命を変える術をお伝えします。

また、一年間占いという方法もあります。
12枚に分けて一年の計画を立てます。大切なことの決断時期を予測に役立ちます。




Q. 名刺判断はできますか?


A. 社会人の場合、転職先の状況判断や上司との相性を鑑定できます。


学生の場合、面接官がどんな人か、合格のための傾向と対策を考えます。
名刺の持つ波動や会社の登記場所の磁場エネルギー値などご本人との相性をみます。




Q. 鑑定場所はどこですか?


A. 六本木にある事務所で鑑定しています。


一番初めにホリエモンがスタートした事務所ということで
民間放送各社が取材撮影依頼されたところです。
ビルオーナーは決してミーハーではないので撮影拒否をしたそうですが、
ホリエモンの他にもここからスタートして発展して巣立っていった会社はたくさんあるようです。
ですからこれから起業する方には励みになる場所かもしれません。
かくいうミンディもここで鑑定をするようになってから本当に困っている人の悩み相談ができたり、
経済的にも発展していく若い事業主の応援できるようなリーディングができ、感謝しています。
オフィスの磁場エネルギーって大切なんですよ。



Q. パワーを送るとはどういう意味ですか?


A. 祈りの力だと思います。


ミンディはこの仕事を始める際、祈りの人でありたいと思いました。
鑑定を受けた人たちが誘惑に打ち勝ち人生の勝利者になり、
より輝いて生きていってくださるよう祈っていますから安心してくださいね。


ページのTOPへ
Photography by Yasuyuki Matsutani
Copyright © 2015 ミンディのタロット鑑定 All rights reserved.